FC2ブログ

Categories

Calendar


 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

∞ link ∞

in coto oto flash

CM Selects

      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王と鳥

王と鳥
王と鳥

フランスアニメーション界の巨匠、ポール・グリモーの王と鳥を観に行ってきました。
王と鳥以外に「小さな兵士」という短編作品も併映されていてちょっとお特な気分。
因に併映される作品は期間中分けて3作予定されているらしく、「小さな兵士」の上映は11日の金曜日までのようです。
後の2作も観たいし王と鳥、何度も観たい映画だったので出来たらまた行きたいなぁ。


80年、私が生まれる前に完成した映画ですが「ジブリの原点」とまで言われているように、ハッとするカラクリや描写がいくつもあって全然全く時代を感じさせない新鮮さと衝撃を受けました。

第二次世界大戦後から作り始められ、なんと34年もの歳月をかけて完成させた作品だそうで、そういう情熱が反映されているからというのも大きいのかな。

宮崎駿監督もそうだけど手塚治虫なんかも彼にかなり影響されていそうだなぁと思いました。あとタンタンの著者も彼に影響を受けたみたいです。
きっとそれ意外にも数多くの人がポール・グリモー氏に影響を受けているんでしょうね。

この映画を観て、アニメーションの巨匠、そう呼ばれる理由が必然と解りました。
それから何よりも、映画に映し出された強いメッセージが心にずしんと来る作品でした。音楽の美しさやフランス語のトロンとした余韻も素敵な空気がでています。(少し眠くなった位。)

予告編だけでも見応えある公式サイト→「王と鳥」

コメント

王と鳥、実は僕も少し眠くなりました…
TBさせてもらいました!僕もちょくちょく観に来たいと思います。

>ozさん
遊びに来てくださってありがとうございます!
TBもありがとです。

やっぱり、眠くなりましたよね 笑。とっても良い映画だけど(だから?)夢見心地になる映画でしたね。

是非また遊びにいらしてください♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://towybrown.blog71.fc2.com/tb.php/50-0e3f3dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昔のフランスアニメーション

知人に薦められて薦められるがままにパート2、「王の鳥」を観てきた。知人に凄いよ絶対観たほうがいいよと言われてまずホームページで予告を観て虜、早く早く観に行きたかった。すげえや。「王と鳥」の前に「避雷針泥棒

return .. △top .. next

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。